薬剤師

【体験談】向いてる薬剤師とは?【ドラッグストア】

病院、薬局、ドラッグストア・・

薬剤師の働き方ってどう違うの?どんな人が向いてるの?

mai
mai

私は新卒でドラッグストアに入社し、派遣薬剤師として調剤薬局・ドラッグストアで働いた経験があります。

ドラッグストアで働いて来て、どんな人が向いていると感じたか特徴を上げていくね。

コミュ力がある人

入社一年目は、本部研修が多く、薬局内だけでなく本部の人とも関わる機会や同期で集まる機会が多いです。

また、ドラッグストアでは薬剤師・事務だけでなく、店舗の登録販売者の方や栄養士、パートの方々とも察する機会が多々あり、在宅など患者さんの家や施設に訪問する場合もあります。

調剤薬局よりも色々な職種に関わる機会が多いため、コミュ力がある人は自身の希望する部署に配属されやすかったり、店舗の方々ともうまく働けていてすごいなと感じていました。

マルチタスクが得意な人

ドラッグストアでは、調剤薬局と違って調剤業務に携わる機会が少ないと捉えている方も多いと思います。

しかし昨今、ドラッグストアにおいて、調剤業務に重きをおいている会社も増えています。

私は調剤業務に重きをおいているドラッグストアを希望・就職し、働いてきたのですが、基本的に調剤薬局よりも業務内容の幅が広いなと感じました。

例えば調剤・監査・投薬・在庫管理・他店への転送などに加えて、幅広い一般用医薬品(OTC)、患者相談、登録販売者の方からの相談やなど多岐に渡ります。

業務の内容も量も多いため、マルチタスクが得意な方は向いていると感じました。

幅広く学び続ける意欲がある人

調剤業務だけでなく、一般用医薬品(OTC)での幅広い相談を受ける機会が多々あります。

そんな中で、例えば職場の研修会だけでなく様々な研修会に参加したり、本を購入して学ぶなど自発的に学ぶ方が多かったです。

患者だけでなく登録販売者など多職種の方からの質問にも応えるためにも、幅広く学ぶ意欲がある方が向いていると感じました。

メンタル強めの人

ドラッグストアは狭い世界です。

新人のうちは応援で他店舗を回ることは多いし、店舗で関わる人数は少ないため、関わり合いは濃くなります。

また、エリアごとの飲み会も多く、上司との関わり合いもあり、様々な店舗の先輩・同期との関わり合いを続けることになります。

関わり合いが狭く深いため、メンタルが弱すぎない人がいいんじゃないかなと考えます。

まとめ

薬剤師は病院・ドラッグストア・薬局だけでなく、研究職やMRなど様々な選択肢があります。

5年生次における病院実習・薬局実習などを通して、自分に合う道を探して目指して行って欲しいと思います。

こちらでは調剤薬局の薬剤師に向いている特徴を上げてるのでよければ参考にしてください

【体験談】向いてる薬剤師とは?【調剤薬局】