薬剤師

【体験談】向いてる薬剤師とは?【調剤薬局】

病院、薬局、ドラッグストア・・

薬剤師の働き方ってどう違うの?どんな人が向いてるの?

mai
mai

私は新卒でドラッグストアに入社して、派遣薬剤師として調剤薬局・ドラッグストアで働いていました。

調剤薬局で働いた経験を通して、どんな人が向いていると感じたか特徴を上げていくね。

 

協調性がある人

調剤薬局の職場の人間関係は狭く濃いです。

薬剤師・事務は人数も少なく、毎日同じ方々と共に仕事をすることになります。

その中で自分の都合を優先しすぎたり、苦手な人と距離を置きすぎるなどすると、自分自身はもちろん周りの雰囲気も悪くなります。

また、私が派遣薬剤師として、3店舗の調剤薬局を経験してきた中で、大体1人は”この人ちょっと周りの雰囲気を悪くさせちゃう人だな・・”と思う方がいました。

自分がそんな人にならないことが大切なだけではなく、そのような人に出会った場合でもそつなく仕事ができる協調性が必要だなと感じました。

柔軟性がある人

調剤薬局の中でも、他店舗に応援に行く機会があります。

同じ系列の店舗で使用している機械や薬歴の入力方法が同じでも、細かな薬局ルールがあります。

そんな時に自分の店舗ルールを曲げず柔軟になれない方は、応援先で迷惑をかけてしまうしスムーズに仕事を回せない可能性があります。

傾聴力がある人

調剤・監査・投薬がメインの業務なので、患者さんと接する機会が多く様々な疾患と触れ合います。

調剤薬局は昔ながらのところだと、古くからの患者さんもいて様々なことを話してくれます。

また、そのような患者さんは高齢者の方が多いので、傾聴し重要な部分を聞き取る力が必要だなと感じました。

学び続けられる人

調剤薬局では継続して来てくれる患者さんが多く、総合病院など面処方が来る薬局でない限り、門前の病院の患者さんが多く、整形、耳鼻科、内科・・など科目が限られる可能性があります。

もし一つの科目の門前薬局に行った場合、似たような疾患が多く、仕事に対するモチベーションが薄れる場合もある、と言います。

細かいことや患者さんからの小さな質問、疑問をメモしたり様々な相談に乗れるよう学び続けられる人が向いているなと感じました。

まとめ

5年生次における病院実習・薬局実習などを通して、様々な経験ができると思うので、その中で薬剤師の方々の働きを見て、自分に合う道を探して目指して行って欲しいと思います。

こちらではドラッグストアの薬剤師に向いている特徴を上げてるのでよければ参考にしてください。

【体験談】向いてる薬剤師とは?【ドラッグストア】