薬剤師

【沖縄編】派遣薬剤師のメリット・デメリット【体験談】

疲れた薬剤師
疲れた薬剤師

仕事量多くてしんどいよ・・沖縄でのんびり働いてみたい!

でも、文化とか雰囲気って大分違うのかな?適応できるかな。長期で正社員として働くのはちょっと不安。

mai
mai

私は派遣薬剤師として、半年間沖縄で働いていました。

体験談をもとに、リアルなメリット・デメリットをまとめました!

ここでは、派遣薬剤師の沖縄での働き方について特化して記載しています。

派遣薬剤師のメリット・デメリットについては以下リンクを参考にしてください。

【体験談】派遣薬剤師の4つのメリット【リアルです】

【体験談】派遣薬剤師の5つのデメリット【僻地・多忙など】

沖縄を選んだ理由

沖縄といえば、綺麗な海と青い空。沢山の美しい自然を思い浮かべますよね。

私が沖縄で派遣薬剤師をやろうと思った理由は、自然に囲まれている環境で、自分のペースで働くことができたらどんなにいいだろう、と思ったからです。

私は正社員で働いているときにストレス性の病気にかかりました。

「ストレス性の病気」なんて、今の世の中沢山ありますよね。

今の時代、一生のうちで5人に1人は精神疾患の病気にかかる、なんてことも言われています。

病気までとはいかなくても、都会での仕事に疲弊している人も多いのではないでしょうか。

私は病気の進行が怖かったため思い切って退職し、休息をとった後、派遣薬剤師として暖かい沖縄で自分のペースで働くことを選びました。

結果、病気は見た目からは分からなくなり、様々な症状も克服することができました。

薬剤師になる方は、根が真面目で努力家の方が大半を占めていると思います。

そんな人ほど、様々なストレスを自分の中に溜め込んでしまうのではないでしょうか?

派遣薬剤師なら、休む曜日も休むペースも、あらかじめ自分で決めて派遣会社に伝えておくことで、その条件に見合った派遣先を探してもらうことができます。

沖縄は暖かくて海や自然が素晴らしく、人柄もおおらかな性格の方が多いので、自分の時間を持ちながらしっかり働きたい方にはとても適した場所だと思います。

沖縄で派遣薬剤師をするメリット

ここでは以下6つのメリットを紹介します。

・社員さんも患者さんもおおらかで優しい人が多い

・綺麗な海がすぐ近くにある

・花粉症がない

・冬でも暖かい

・すぐに職場が見つかる

・沖縄での就職活動につながる

順に理由を記載していきます。

社員さんも患者さんもおおらかで優しい人が多い

私は今まで京都・岐阜・静岡・愛知・沖縄・北海道に住んだことがありますが、沖縄の人はどの土地の人よりもおおらかで優しい人が多いと感じました。

理由として、沖縄の歴史が関係していると考えられます。

琉球貿易と呼ばれる中国や東南アジアとの交流や、米文化の体験より、寛容さや温厚さ、横のつながりの深さが育まれたのではないでしょうか。

沖縄の人たちは、「いちゃばりちょーでー(会えば皆兄弟)」という言葉のように、人間関係が親密でとても気にかけてくれます。

私が派遣薬剤師として働いていた薬局では、

・事務さんが家で取れた野菜を皆に配ってくれる

・事務さん、薬剤師さんがお昼休憩の時に皆で食べれるようにとお菓子をストックしてくれていて、常にストックがいっぱいになっている

・投薬時に、方言が違うね、いつ来たの?頑張ってねなどと言ってくださる患者さんが多い

・疑義照会の際にも方言の違いから、新しく来たの?頑張ってねなどと気にかけてくれる

また、グレーかとは思うのですが、近所のスーパーでばったり会った患者さんからトマトをいただいたり、そこから仲良くなって友達になり沖縄料理をご馳走になったり・・

など、沖縄の人はおおらかで優しいなと感じる面が多々ありました。

この患者さんはお母さんくらいの年齢の方で、今でも沖縄に遊びに行くときは挨拶に伺っています。

綺麗な海がすぐ近くにある

沖縄は美しい海に囲まれており、仕事終わりに夕日を見に行くことも可能です。

なぜなら、沖縄は島国なので都心部からも車ですぐにビーチに行くことができるからです。

例えば私は沖縄で働いていた際、空港近くの”うみかじテラス”に行っていました。

ここにはハンモックカフェがあるので、土曜日半日働いた後にのんびりしに来たり、夕日をみて癒されたりして過ごすことができました。

参考:https://www.umikajiterrace.com

花粉症がない

沖縄では花粉症になりません。

なぜなら、沖縄にはスギやヒノキが少ないからです。

スギやヒノキは沖縄の台風に耐えにくく、年中気温が高いため花粉が飛びにくいと言われています。

実際花粉症が多い4月・5月でも花粉症の患者さんは全然いませんでした。

また、私も花粉症を持っているのですが、目が痒くなる・鼻水が止まらないなどの症状は全然なくとても快適に過ごすことができました。

冬でも暖かい

12月の沖縄の最低気温は18.7度、最高気温は21.2度で、気温から見てもそんなに寒くはありません。

風が冷たいので体感温度はそれよりも寒くなりますが、今まで住んできた他の都道府県と比べてもとても過ごしやすかったです。

朝晩は冷えるため、コートもあると便利だと思いますが、太陽が出ている日中は長袖Tシャツで過ごす方もいるくらいでした。

また、夏場は暑く観光客で混雑するため、あえて冬の暖かい時期にマリンアクティビティをする方もいます。

3月末に海開きが行われ、10月中旬ごろまで楽しめるので、私は4月5月に慶良間諸島に行ってシュノーケルを楽しんでいました。

慶良間諸島はミシュラングリーンガイドにも載っているとても綺麗な海があるので、本当にオススメです!・・と友達に言ってたら皆行くようになり皆見事にハマってくれています笑

こちらもまた記事にまとめます!

すぐに職場が見つかる

沖縄では薬剤師が不足しています。

理由として、沖縄の大学には薬学部がないこと・東京や大阪など都会に出る若者が多いことが挙げられます。

沖縄で派遣薬剤師として働いた薬局では、派遣薬剤師が3人いるところや、沖縄出身ではない正社員の方が多い薬局もありました。

このように、沖縄で派遣薬剤師として働きたい場合は、職場が見つかりやすいと考えられます。

沖縄での就職活動につながる

沖縄で派遣薬剤師として働くことは、沖縄での就職活動につながります。

派遣薬剤師として働いていると、「正社員にならない?」と声をかけてくださる機会は多いです。

なぜなら薬局側も、時給の高く短期の派遣薬剤師として雇うよりも、長期で安定して働く正社員として雇う方がメリットがあるからです。

なのでもしこれから「沖縄で正社員として働きたい!」と考えている薬剤師の方は、職場や文化が自分に合う・合わないを見極めるためにも、1度派遣薬剤師として経験をしておくと、より自分の理想に合った職場にたどり着けると思います。

沖縄で派遣薬剤師をするデメリット

ここでは以下5つのデメリットを紹介します。

・車がないと移動手段がない

・時給が安い

・家賃が高い

・夏の暑さ、紫外線、ゴキ●リのでかさ

・台風でも出勤

順に記載していきます。

車がないと移動手段がない

沖縄は車社会です。

なぜなら、沖縄には電車がなく、空港から出ているモノレールも主要な観光地にしか止まりません。

なので、観光ではなく沖縄に住む・働くとなると、車を持つことが必須です。

私は首里市や豊見城市に住んでいたのですが、坂が多い場所も多かったので、歩きではスーパーに行くのも一苦労だと感じ、現地でレンタカーを借りました。

私がその時登録していた派遣会社では、レンタカー代も経費に入れてくれていたので、沖縄で働く際はレンタカー代が経費に入るかどうかも確認しておくと安心だと思います。

東京・名古屋・大阪・福岡などからフェリーで沖縄に車を輸送することは可能なので、自分の車を持っていくという選択肢もあります。

その際、沖縄は潮風が吹くので車が傷みやすいこと・台風の時期に車が損傷する可能性もあるので、どちらがいいか自分に合った方を選ぶといいと思います。

さらに、車通勤する場合には3つの注意点があります。

・島国なので道が狭く、石壁が多い地域もあるので初心者は注意

・車間距離が狭い、バイクが多く割り込み注意

・バスの時間指定が決められている道路があり、レンタカーは捕まりやすい

・渋滞が多い

以上の注意点を事前に知っておくと、より過ごしやすいかと思います。

時給が安い

沖縄の派遣薬剤師は、他の地域と比べて時給が安い求人が多かったように感じます。

理由として、沖縄県の最低賃金自体が790円と全国でも低いことが考えられます。

私が住んでいたシェアハウスでも、「沖縄は内地よりお給料が安いから、資格があるといいよね」なんて話をしたことがあります。

また、住宅手当やレンタカー代などの経費も時給に含めてある場合・含めてもらえる場合もあるので、登録している派遣会社に事前に確認して把握しておくといいと思います。

家賃が高い

沖縄で年単位で派遣薬剤師をする場合は、だいたい住居を手配してもらえると思いますが、初めての土地で仕事する場合だと、年単位での契約は少し不安ですよね。

派遣薬剤師は基本3ヶ月毎の更新なので、私は年単位でなく更新制を使用して働いていました。

その際自分で住居を探すことになりますが、沖縄のアパートは短期で借りようとするとめちゃくちゃ高い!

田舎でもマンスリーマンションで月10万だったり、初期費用が高額だったり・・

私は結局とても素敵なシェアハウスを見つけることができ、沖縄を楽しむことができたのですが、見つけられなかったらしんどかっただろうなと思います・・

沖縄シェアハウスについても、また別でまとめます!

夏の暑さ、紫外線、ゴキ●リのでかさ

沖縄の夏は東京よりマシ!なんて声も聞きますが、沖縄の夏はめちゃくちゃ暑いです。

東京などと比べるとコンクリートやビルは少なく風はありますが、本当に日差しが強い。

外を歩くより冷房を効かせられる車の使用が必須だし、サングラス・紫外線対策もしっかり行いましょう。

私は沖縄に行くまでは、海やプールに行っても焼けないし日焼け止めもサッと塗るくらいしかしたことがなかったのですが、沖縄で海に行ったら赤みがしばらく残り、初めて”服を着るのが痛い”という体験をしました笑

また、沖縄のゴキ●リはめちゃでかいです!飛びます!!

私は沖縄では幸い合わなかったのですが、その恐ろしさを現地の友達に教えてもらいました笑

ゴキ苦手な方は、ゴミの管理や掃除などの対策をしっかり行ってください。

台風でも出勤

沖縄ではよく台風が来ることは有名ですよね。

そのため、台風対策はしっかりしているところが多いです。

医療従事者なので、台風でも出勤する場合はあるかと思いますが、通勤にはしっかり注意をしてください。

また、台風が過ぎた後も、道路にガラスが落ちていて車のタイヤがパンクした、なんて話も聞いたことがあるので、時間に余裕を持って行動することがベストかと思います。

どうしても危ない!と感じたら、派遣会社・薬局両方に連絡して指示を仰ぎましょう。

まとめ

以上、実際に沖縄で半年間派遣薬剤師として働いた経験をもとに、リアルなメリット・デメリットをまとめました。

今後沖縄で働く方は、ぜひ上記の点を参考にして、楽しんでもらいたいと思います!

私が沖縄で派遣薬剤師として働いた感想は、本当に行ってよかった!これに尽きます。

なぜなら、自分の病気もずいぶん良くなったし、あたたかい素敵な友達ができて、日本にまだまだ知らない沢山の自然や景色があることを知れたからです。

沖縄で働けたことは、私の中ですごく大切な経験・思い出になりました。

もし迷っている方がいたら、一度派遣会社に電話相談してみるといいかと思います!

沖縄に限らず、色々な地域で働いてみて感じた、派遣薬剤師のメリット・デメリットについては以下にまとめたので参考にしてください。

【体験談】派遣薬剤師の4つのメリット【リアルです】

【体験談】派遣薬剤師の5つのデメリット【僻地・多忙など】

他の地域の派遣薬剤師体験談についてはこちらを参考にしてください。

【北海道編】派遣薬剤師のメリット・デメリット【体験談】