薬剤師

派遣薬剤師について初めに知っておくべきこと

薬剤師の友達
薬剤師の友達

薬剤師は分かるけど、派遣薬剤師って何?どうやってなるの?

mai
mai

私は新卒正社員でドラッグストア勤務後、派遣薬剤師で調剤薬局・ドラッグストアで働いていました。

派遣薬剤師としての働き方と、私が正社員から派遣薬剤師になった時の方法を説明するね。

派遣薬剤師とは?

派遣薬剤師とは、派遣会社に登録し一定の契約期間内、ドラッグストア・調剤薬局・病院に派遣されて働く薬剤師のことです。

「派遣」と聞くと、一般的に「正社員になれなかった人」というイメージがあります。

しかし、実際に派遣薬剤師として働く中で他の派遣薬剤師の方とも出会い、話を聞いたり働き方を見ていると、正社員よりも自分のライフスタイルに合った方法で働きたい人が派遣薬剤師という働き方を自分で選択しているんだなと感じました。

例えば、

・固定日の休日が欲しい、週4で働きたいなど自分のペースで働きたい人

・留学などをきっかけに、場所や時間帯関係なく短期間で高収入を得たい人

・家庭と両立して午前のみ働きたい主婦

など、自分のライフスタイルの希望を叶えて働いている人々を実際に見て来ました。

また、派遣薬剤師はパートと比べて時給が高い場合も多く、実際にパートよりも派遣で働きたいという薬剤師さんに相談を受けたこともあります。

このように、派遣薬剤師とは、派遣会社に登録し、希望の期間内できるだけ高単価で働ける薬剤師の一つの働き方といえます。

どうやって派遣薬剤師になるの?

私の場合は、実際に正社員で働いている最中病気にかかり、休養した後自分のペースで働きたいと思い調べた時に派遣薬剤師で働くという方法にたどり着きました。

その際に活用したのは、派遣薬剤師を募集している大手企業のサイトです。

何故なら初めての派遣、そしてあまり経験年数のない中本当に自分でも働くことができるのかを知りたかった為、全国規模で登録店舗が多い大手派遣会社の担当の方に話を聞いてその上で判断していただこうと考えたからです。

また、大手の派遣薬剤師の求人サイトでは、病院の派遣に強い・薬局の派遣に強い、関東地方で強い、1日からの超短期派遣の数が多い、など強みを記載してくれています。

M3キャリア・メディカルリソース・クラシスなど大手のサイトを比較して自分に合う部分を探し、登録して1度話を聞いてみることが初めの一歩かなと考えます。

どの派遣会社がオススメ?

大手派遣会社(M3キャリア・メディカルリソース・クラシスなど)であれば、比較的安心して働くことが可能です。

実際私はM3キャリアとメディカルリソースで登録し派遣薬剤師として働いた経験がありますが、両方とも派遣薬剤師として働く上でとてもオススメだと感じました。

なぜなら、M3キャリアもメディカルリソースも大手派遣会社、つまり働けるドラッグストア・調剤薬局の登録数が多い会社だったからです。

例えば私は薬剤師としての経験年数が少なく、ドラッグストアと調剤薬局でしか働いた経験はありませんでした。

なので、

・大手の派遣会社→福利厚生がしっかりしているし、今まで様々な派遣薬剤師を雇用しているので、派遣薬剤師として働くのが初めての薬剤師にも分かりやすいマニュアルや電話対応がちゃんとある。

・経験年数が少ない→登録してあるドラッグストア・薬局が多い方が今まで派遣薬剤師を雇用してきた母数も多く、経験年数が少ない薬剤師でも指導してもらえる環境がある薬局がある可能性が高い。

・ドラッグストアと調剤薬局の登録数が多い→自分が病院薬剤師の経験がないため、派遣での病院薬剤師に挑戦できない。できるだけドラッグストア・調剤薬局の登録数が多い方が、自分に合った職場を見つけられる可能性が高い

このように考えて、私は最初M3キャリアで派遣薬剤師をして、フィリピン留学から帰った後はメディカルリソースで働きました。

派遣薬剤師が登録する主な大きな派遣会社としては、上記でも記載した通り

・M3キャリア(薬キャリ)

・メディカルリソース(ファルマスタッフ)

・クラシス(薬ジョブ)

があります。

自分の経験値やどんな職場で働いてきたかを考慮して決めると、働いた後とのギャップが少なくていいかなと思います。

派遣会社はどこを見て決めるべき?

派遣会社に登録する際は、派遣会社によって差がでる点について注目し決めるべきだと考えます。

なぜなら、上記については派遣会社によって異なる場合があるからです。

5つの例を挙げて説明します。

登録されている調剤薬局・ドラッグストア・病院の数

例:病院で派遣薬剤師をしたかったのに登録件数が少なくて希望の地域で働けない

→派遣登録前にサイトを比較し、登録されている調剤薬局・ドラッグストア・病院の数について調べておく必要があります。

福利厚生

例:大手の派遣会社では福利厚生がしっかりしていたのに、知り合いの小規模な派遣会社では有給制度がない

→福利厚生についても要項に記載があるので比較しあらかじめ調べておきましょう。

小規模の派遣会社や、個人で経営している派遣会社では、福利厚生に差が出やすいので、知り合いの紹介の場合でもしっかり把握しておくことがベストです。

経費でまかなえる範囲

例:A社にいた時は引越し代は経費になったけど、B社では経費にならなかった。

→引越し代は、3ヶ月など短期間の派遣だとつかない場合もあります。

登録後担当の方に電話などで聞くと細かい点まで教えてもらうことができます。

電話対応や面接・職場に初日に行く際の同行などフォローのあるなし

例:B社では電話対応のフォローアップが充実していて、分からないことや不安なことも聞きやすかったが、A社ではメール対応が主体で少し聞きづらい。

例:A社では職場初日に担当の方が同行してくれたが、B社では同行は特になかった。

→こちらも登録後担当の方に電話などで聞くと細かい点まで教えてもらうことができます。

派遣会社がどの地域に強いのか

地元・関西に戻って派遣薬剤師をしたかったが、関東地区に強い派遣会社だったため、関西の求人が少なく希望する科目の薬局で働くことはできなかった。

→基本的に、強い部分のエリアについては要項に記載があるので比較しあらかじめ調べておきましょう。

 

このように、派遣会社によって強みや対応の仕方が少しづつ異なる場合があるので、事前に確認しておくことをオススメします。

正社員と派遣薬剤師で違うこと

ドラッグストアと調剤薬局の、正社員と派遣薬剤師で違うことをまとめていきます。

ドラッグストア

ドラッグストアの薬剤師は業務内容が多く、店舗が朝早くから夜遅くまで開いている場合が多いです。

その為、短期間の派遣では関われる内容の多さに差が出るだけでなく勤務時間が長くなりすぎること・夜が遅くなりすぎることは滅多にありません。

何故なら元々派遣薬剤師の時給が高い為、残業になると余計高額になり受け入れ会社事体が損をするので、上から「派遣には残業させないように」と言われることが多いからです。

店舗の業務により関わりを持ちたい方には不服な部分もあるかもしれませんが、定時で帰れて一般用医薬品(OTC)の勉強もできる環境で働けることは本当にありがたいなと感じました。

調剤薬局

派遣薬剤師は基本的に監査・投薬業務がメインで、調剤は簡単なもの(例えばよく処方される風邪薬や痛み止め、湿布薬など)や予製作りが多いです。

何故なら薬の場所は社員やパートの方々の方が詳しく、スピードも速い為忙しい時に1から教えることは時間がかかるからです。

なので、自分にできる事

例えば、いかに次に繋がる投薬ができるか・次の人が分かりやすい薬歴を書けるかという事や、患者さんが途切れた時など隙間時間に、どこに何の薬があるか把握をしておく・知っておいたほうがスムーズな事務作業などを教えてもらっておくなどを心がけていました。

まとめ

派遣薬剤師を欲している薬局は、人手が足りなかったり辺鄙な場所にある薬局が大半を占めています。

そんな中で、「自分が何故派遣薬剤師という働き方を選んだのか」ということを忘れず、自分にできる仕事や与えられている仕事は全力でやろう、という気待ちで頑張ることが大切だと感じました。

今派遣薬剤師に興味を持っている方は、1度大手派遣会社のサイトを見て電話相談し、自分のライフスタイルに合わせた働き方を考えてみてもいいかと思います。

派遣薬剤師のメリット・デメリットについてはこちら

【体験談】派遣薬剤師の4つのメリット【リアルです】

【体験談】派遣薬剤師の5つのデメリット【リアルです】

参考にしてみてください。

また、実際に様々な場所で働いたメリット・デメリットについてもまとめたので参考にしてみてください。

【沖縄編】派遣薬剤師のメリット・デメリット【体験談】

【北海道編】派遣薬剤師のメリット・デメリット【体験談】